熟女専門店の定義

熟女系といっても範囲は広く、ユーザーにとってどこまでが熟女でどこまでが老婆か、境界線は曖昧だと思います。「熟女専門店なのに40代までの女性しかいなくて、50代の女性を指名したかった!」と嘆く御仁もいれば、「なんだこの店は!ババアばかりじゃないか!」と憤る御仁もいると思います。というわけで今回ご紹介する大阪発のデリヘルは熟女専門デリヘルなのですが、在籍する年齢層は幅広く20代後半からなんと70代まで在籍!最高齢の方は今年で御年79歳!さすがにオイラは無理だけど、この年齢こそが大ストライク!という人がいるのが風俗の面白いところ。実際に79歳の女性はけっこう指名が埋まるらしいのです。フリーで指名する場合もある程度の年齢層は指定できるのでご安心ください。若い人にはない熟練したテクニックをぜひご賞味あれ。

大阪の性感エステに在籍しているSちゃん

大阪の性感エステに在籍しているSちゃんは、
まさにマッサージをするために生まれてきたような女の子なのです。まず性格が素晴らしい。
相手が癒されたり、気持ちよくなってくれるのが本当に大好きな女の子なんですよ。
だから、マッサージは全力投球。個人的にマッサージの勉強をしたりして、まさにプロ級の腕前を誇っているんです。
そのうえ彼女は手先もすっごく器用なんです。針の穴に糸を通すことなんて失敗なしで、スっとできちゃうほどの器用さの持ち主。
だから微妙な力加減が必要なマッサージもサラサラっとできちゃったりするわけです。
彼女にかかれば、どんな疲れ果てたボディも血行がまたたくまによくなり、あっというまに元気を取り戻すはず。
彼女こそスーパーテクニシャンという名がふさわしい女の子といえるでしょう。
気になったアナタはぜひ彼女を指名して、癒されてくださいね。

いつもは日本人エステに行ってるんだけど、今回はタイ式の性感エステに行ってまいりました。タイ式というと睾丸マッサージが有名ですよね。まあ、このお店にはあるのかないのかはっきりわかりませんでしたが、とりあえず行ってきました。おそらくタイ人であろう若いお姉さんがお相手してくれましたが、日本語はどうやら片言のようです。ビキニの水着姿がよく似合うけっこうスタイルのいい感じの女性でした。シャワーを浴びた後、タイの古式マッサージがはじまります。足を伸ばしたり、股関節を伸ばしたりと、まるでストレッチ体操のようなこともあったりします。「痛くない?」と聞いてきますが、これがなんとも痛気持ちい感じなんです。どうやら睾丸マッサージはないようでしたが、韓国式や中国式とも違う独特のタイ式マッサージはタンノーすることはできました。もちろん、それらが終わると、きっちりアソコもモミモミ、ドッピュンしてくれました。

京都のホテヘルでプレイ

京都の南インターの高速の出入り口付近は知る人ぞ知る有名なラブホ街となっております。
ということはそこではホテヘルもなかなか活発に営業されているということなんです。
今回わたしが遊んだ場所もその南インター。そのラブホ街で待ち合わせしてラブホに向かったというわけです。
わたしは彼女にノーパン、ノーブラのオプションをつけていたのですが、これが大当たり。
ちょっと恥じらう感じもかなりそそりまくりで、我ながらベストなチョイスをしたと、膝を叩きましたね。
さて、実際にホテルについてプレイがはじまるわけですが、彼女はまるで恋人のように接してくれるので、
すごくイチャイチャ、ラブラブできました。
フェラやスマタなども気持ちいいのですが、なによりも2人きりでまったりしているこの雰囲気がとても心地よく、
本当の恋人ができたような錯覚を覚えちゃうほど。おそらく、絶対にまた指名しちゃうと思いますね。
今回あそんだお店は京都で人気の若妻専門のホテルヘルスです。
京都人妻ホテヘル 大和屋京都店

今日は京都のホテヘルではんなりヌイてきました

京都デリヘルは観光地ということもあって、利用客がけっこう多いらしく、今どんどん新店がオープンしちゃっているのです。このお店もリニューアルということですが、オープンしたてのお店。女の子もフレッシュな顔ぶれが多く、わたしが指名した女の子はまだ業界に入って3カ月という新人ちゃん。プレイも初々しくて、ついつい親心のような目線でみてしまいます。胸は控えめだけど、顔はロリロリフェイスで、そういった系統が好きな人にはたまらない女の子だと思います。何事にも一生懸命サービスをがんばってくれて、わたしとしては大満足。お気に入りにくわえたいと思わせる女の子でしたね。まだまだ熱くなりそうな京都デリヘル。これから先も目が離せないエリアになることは間違いなしです。

・関連記事
昨今の人妻風俗店のブームについて